2013年05月10日

就職に役立つバイトとは

 就職に役立つバイト、という視点でバイト探しを考えてみましょう。


 学生アルバイトの場合、楽しい仲間との出会いや、お給料が目的かも知れません。


 数年先に待ち構えている就職活動を考えると、やはり目指している職業と同じ業種のバイトを試してみたいですね。


 希望している職業そのものは体験できなくても、関連業種の事務、掃除、商品の運搬や値段付けなど、裏舞台を覗けるようなバイトは意外とあるものです。


 将来、大学や大学院を卒業してデスクワークしかしないエリートになる人もいるかも知れません。


 末端の工程や人たちの様子が分かっていると、柔軟な物の考え方ができたり、全体の流れが把握でき、現象を動かす力にもつながっていきます。
posted by JKLMMNQ at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

アルバイトとパートの違い

アルバイトとパートの違いは、法的にはどちらもパートタイム労働法で短時間の労働者にあたり、賃金と労働時間以外は、正社員と同じ待遇が義務付けられています。


 パートタイム労働法によると、正規の従業員より1週間の労働時間が短い労働者を、パートタイム労働者と呼びます。


 アルバイトとパートの違いについては述べられていないので、どちらもパートタイム労働者として、正社員と同じように、有給休暇、保険、育児休暇などの待遇が受けられることになっています。


 実際は、会社ではパートは短い時間で、アルバイトより給料は安め、アルバイトはフルタイムなど、勤務条件の違いによって呼び分けていることが多いようです。


 別のアルバイトとパートの違いの例では、アルバイトは短期や一時的な繁忙期による労働者を指し、パートは中長期契約で、雇用保険・健康保険・年金保険に加入してもらう、という会社もあります。
posted by JKLMMNQ at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

アルバイトとパートの違い

 アルバイトとパートの違いは、法律では厳密な基準がなく、各企業が任意で決めて扱っています。


 一般的には、アルバイトは学生や他の仕事をしている人を一時的に雇う形態を呼び、勤務時間はフルタイム、定時開始・定時終了とされています。


 パートがアルバイトと違う点は、フルタイムより短く、でも期間は長く雇う、時給はアルバイトより少ない、などが多いようです。


 パートという言葉は、主婦などが家事や育児と兼用して働いていることを指していることもあります。


 アルバイトとパートの違いについて一般的な例を挙げましたが、会社によっては名称によって労働条件が違っていたり、パートと呼んでいるのに実際はフルタイムということもあります。


 労働条件や待遇は、会社ごとにきちんと確認し、アルバイトとパートの違いで困らないように注意したいですね。
posted by JKLMMNQ at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。