2011年05月25日

志望動機の書き方

 バイトに応募するときの志望動機の書き方のコツをずばり説明します。


 志望動機欄は、市販の履歴書だと3〜4行書けるものが多いので、100〜200文字程度と、かなり短い文章になります。


 バイトを求人している企業担当者の目に、おおっ!と止まるような充実した重みを感じさせる志望動機にするには、ちょっとした工夫が必要です。


 志望動機の書き方としては、多くの人は、履歴書の欄に鉛筆で下書きしながら丁度いい長さになるまで「その企業でバイトしたいと関心を持った理由」を悩みつつ埋めていくことが多いのではないでしょうか。

 この書き方だと内容が薄くなってしまい、インパクトが足りません。


 まずは別の紙に、自分の能力、その業界や商品に興味を持ったきっかけ、仕事に対する意気込み、希望している仕事について知っていること、などの「タイトル」を、数行ずつ間を空けて書きましょう。


 次に、それぞれのタイトルから思いつくことを、箇条書きでタイトルの下に埋めていきます。


 最後に、志望動機としてインパクト、積極性、理解度を示せるようなネタをうまくつなげて、志望動機欄に収まる文章量にまとめます。


 バイトの担当者が思わず、何て内容が濃いんだ!と感動するような文章ができたでしょうか。文章力がつたなくても、このように一手間加えたものは、文章以上の何かを相手に伝えるものです。是非お試しください。
posted by JKLMMNQ at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。