2012年01月31日

アルバイトとパートの違い

アルバイトとパートの違いは、法的にはどちらもパートタイム労働法で短時間の労働者にあたり、賃金と労働時間以外は、正社員と同じ待遇が義務付けられています。


 パートタイム労働法によると、正規の従業員より1週間の労働時間が短い労働者を、パートタイム労働者と呼びます。


 アルバイトとパートの違いについては述べられていないので、どちらもパートタイム労働者として、正社員と同じように、有給休暇、保険、育児休暇などの待遇が受けられることになっています。


 実際は、会社ではパートは短い時間で、アルバイトより給料は安め、アルバイトはフルタイムなど、勤務条件の違いによって呼び分けていることが多いようです。


 別のアルバイトとパートの違いの例では、アルバイトは短期や一時的な繁忙期による労働者を指し、パートは中長期契約で、雇用保険・健康保険・年金保険に加入してもらう、という会社もあります。
posted by JKLMMNQ at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。